FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女性が悶える快感部位 

お晩です。

金曜日の夜というのは、ゆっくり気分で
まだまだ、起きていても平気ムード。

それに対して、日曜日の夜というのは
やや焦りムードで
寝るとすぐ朝になってしまうので
まだ、寝たくないという気分だ。


悠々自適な生活を送りたいものだと思ってしまう。


まぁ、そんなこと考えていても仕方がないので
気分を吹っ飛ばすためにも

あたるのえっちな日記。そろそろ、今日も行きますかぁ~~~!


***********************************

女性が悶える快感部位

***********************************


女性自身ですら、自分でイキかたがわからなかったり
自分の気持ちのいい部分がわからなかったり
今まで気持ちのいいえっちをしたことが無いという女性もいるくらいだ。


今回は僕がえっちしてきて
ここが感じるんだって思う部分をまとめていきたい。


女性が快感を感じる所というのは、確かに数カ所ある。


膣内の快感が得られる部分としては、まずは膣口。


でも男はこの膣口が気持ちいいということを
知らない場合が多い。

オナニーに慣れている女性は
この膣口とクリトリスを交互に触るようだ。


だんだん濡れてきて
愛液がこの膣の入口付近まで溢れてきたところを
指の第二関節くらいまでを膣口に入れて
上下に軽く動かすくらいの刺激で悶えるような快感が得られる。


やたら、クリトリスばかりを舐めまくっている男もいるが
女性が求めているのはそんな強い刺激じゃなく
ゆっくりとした柔らかい刺激で
充分エクスタシーに達することが出来るということを忘れてはいけない。



次に快感部位としてはGスポット。

Gスポットの位置は
女性が仰向けに寝ている状態で
手のひらを上に向けて中指だけを
膣口の一番上の部分から挿入する。


第二関節ぐらい入ったところで
膣内で中指を折り曲げたとき
ザラザラとした感触の部分がある。

これがGスポットだ。


どうしてGスポットというのか?

女性の身体を横から見て
指を膣口から挿入したときに
指先がザラザラした部分に当たる形を横から見ると
”G ”の形になるからだと思っていたが・・(考え過ぎ?)


グランフェルブルグ博士というひとが発見したので
その頭文字をとって
Gスポットと呼ばれるようになったらしい。


星でも何でもそうだけど
発見したもの勝ちだね。


僕も何か発見したら
名前を使って欲しいなぁ。


Gスポットは
血管や尿道、神経系などが交差する複雑なところらしく
ここを刺激し続けると表面が膨張し
分泌される液体が尿道に集まり
尿道口からビュと噴射されるようだ。


これが潮噴きと言う現象だけど
潮は膣口から出るという例もあり
オシッコではないと思うのだけど・・



また、Gスポットから
1~3センチ奥の上側の部分にも快感部位がある。


指で押し上げると
風船のように弾力がありグイグイと中に入り込んでいく。

この部分には尿道と膀胱があるので
このように上に伸びていくようだ。


ここをしばらく刺激していると
女性はオシッコがもれるような感覚が生まれる。

さらに刺激を続けていると
膣内の天井あたりから愛液がしたたり落ちるようになり
指を動かすと、中でチュチュっと音が聞こえる感じ。


女性がいつもより感じているということは
声の違いでわかる。


Gスポットを刺激していても
おしっこをもらしそうな感覚にはなるみたいだけれど
中がビチョビチョになるということはないし
叫び声を上げるほどの快感は感じていないように思う。

この部分への刺激を
さらに続けていると
深いオーガズムに達する女性もいるほどだ。

この時の指の刺激は、二本の指を挿入し
中で指の先を交互に上に擦り上げるようにするのが効果的だ。

ちょうど、指先を水泳のバタ足をするように
バタバタと動かしてみる。

ところがややこしいのは
このとき、オーガズムではなく
潮を噴く女性もいることである。


男性が潮を噴かせた時って
Gスポットではなく
この部分を刺激していたのかも知れない。

この部分を「ボルチオ」というらしい。


このボルチオ とGスポットとの関係
さらにオーガズムと潮噴きとの関係は
実は僕もまだよく分かっていないのだ。


膣の「奥が気持ちいい」「奥まで当たる」 と
女性が言うとき、実は二つあるように思う。


一つは本当の膣奥だけど
もう一つがこの 「ボルチオ」 ではないかなと思っている。

というのも、ペニスが短かったり
体位による挿入角度によって
実際には奥まで届いていないことがある。

しかし女性には、どこまで入れられているのかは
奥まで当たってみないと分からないもので
ボルチオに当たっても
「奥が気持ちいい」 という感覚になる。

この「ボルチオ」の快感を味わってみたいと
思っている女性が増えているようだ。


また、このボルチオについて、知らないことが多いので
もう少し調べここで書いていこうと思う。



>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>


今日も見に来てくれてありがとうございます。
よろしければ、ランキングクリックお願い致します(#^.^#)

FC2ブログランキング


人気ブログランキング



この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://atarukunset.blog.fc2.com/tb.php/95-e9c859f1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。