FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パンティは男が脱がすもの 

お晩です。

今日も、あたるのえっちな日記を読みにきてくれてありがとうございます。

ブログを開設して、1ヶ月が経ちました。
毎日、アクセス解析を見るのが楽しみになってきました(#^.^#)

「今日は少なかったなぁ~」とか
「おっ!今日はいつもより、多いやんっ!」とか

毎晩、独り言を言いながら楽しんでます。

丁度、新米の噺家が舞台の袖から覗いてるような心境で、「今日はお客さんたくさん来てくれるかなぁ~」って感じ。


日に日に寒くなってきておりますので、暖かくして、今日の日記を読んでくださいねっ!


では、今日のあたるのえっちな日記ぃ~すたぁ~~~とぉ~~~~~~♪



_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

今日のあたるのえっちな日記

「パンティは男が脱がすもの」

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


女性と抱き合って、いいムードなってきたとき、このあとの展開を想像しながらドキドキしている。

最初は軽いキスから始まり、だんだんと深くなっていき、舌を絡める。


えっちが始まって、男が一番ドキドキする瞬間は、パンティを脱がす時だ。


抱擁やキスまでは許す、さらにはおっぱいを触られたり、吸わられたりというまでは許すけど、そこから先はまだダメ、という女性は多い。
昔風にいうと、Bまではいいけど、Cはダメというやつだ。
だから、パンティに手をかけて脱がそうとするとき、男としても勝負をかけていることになる。
そこで強く抵抗されると、やっぱりえっちはお預けとなるからだ。


逆に、抵抗なく脱がさせてくれると、「もう最後までいっていいよ」 という女性からのサインとなるから、男としては、ワクワクする。
ちょっと腰をせり上げて脱がしやすくしてくれたりすると、
なんだ、自分でもこの瞬間を待っていたんだ、と嬉しくなってしまう。


パンティを脱がす姿勢としては、直立している女性の前に男がスルスルと、そのまま下に脱がすか、寝ている女性から脱がすかのどちらかだろう。
立っている女性だと、パンティを下ろしたところで、目の前に陰毛が丸見えとなる。
性器はまだ見えないけど、その時、 「いや、恥ずかしい」 とかいって、
ちょっと股間を手で隠したりされたら、もうたまらない。 
 

ちょっと抵抗感があるかのような女性のパンティを脱がせるには、後ろ向きがいい。
立っている場合でも、後ろに跪いて脱がされる場合には、直接陰毛も性器も見えないので、女にはそれほどの抵抗がない。


さらに抵抗感がないのは、うつぶせに寝ている女の場合だ。
スルスルと脱がされても、女性にとっては阻止しにくいし、性器も見られていない、という安心感があるからだ。
もっとも実は後ろからでも、女性の両脚が少しでも開いていると、バッチリ割れ目と陰毛は見える。


もっといいのは、キスしながら、右手でパンティをズリ下ろすというのがある。
「ダメ」 と抵抗しても、キスで塞いでしまう。
女性としても、気持ちよくされている間に、いつの間にか下半身が裸にされている、
といった感じで自分への言い訳もたつというもの。


と言うわけで、パンティは是非とも男に脱がさせて欲しい。


このワクワクする瞬間を味あわせて欲しいのだ。


ところが、中には、自分からスルスルと脱いでしまう女性がいる。
時にはそれも、女性の興奮度の表れとして、そそられる場合もあるが、
さほど興奮もしていないのに、自分から脱がれると、なんだか事務的にえっちするみたいでつまらなく感じたりする。
男がパンティを脱がした場合の楽しみとして、パンティの濡れ具合をさりげなくチェックできるというのがある。

女性がうつぶせだと、手に取って、じっくりと観察できる。
中には愛液でびっしょりと重たくなっているのもある。
それに、えっちな匂いもこっそり嗅いでみたいのだ。


こういった男の密かな楽しみも、女性が自分で脱いでしまったら、なくなってしまう。


そして何よりも、男がパンティを脱がすというのは、
「この女性とえっちしたい」 という思いを、行動にあらわすことでもあるのだ。


だから、男がパンティを脱がした時は、その後のえっちの展開も積極的になるというもの。


女性の方から誘惑するのであっても、パンティは男に脱がさせて欲しい。



〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓


今日の日記はどうでしたか?
悶々、ムラムラして貰えたかな?


ランキングバナーを
応援クリックしてね(#^.^#)

FC2ブログランキング


人気ブログランキング




出会い系サイトのリンクなんかもあっちこっちに貼ったりしてますが、無視してくれていいですので。

僕のブログはメインがこの日記なので、ここだけでも読みに来てくれたら嬉しいです。



ではでは、また明日の日記を楽しみにしててくださいねっ(^_-)-☆


〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://atarukunset.blog.fc2.com/tb.php/78-c52a34e1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。