FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イクという快感は想像以上のもの 

「えっちはするけど、イったことがなくて・・」


そんな女性にえっちでイクという経験をさせてあげたあと、えっちの感想を聞くと・・
「想像以上の快感でした」 という返事がかえってきたことがある。


男としては、女性にこう言われると、頑張った甲斐もあったというもので、嬉しくなる。


考えてみると、これってお世辞ではなく、本心からの言葉だと思う。
男には分かりにくい感覚だけど、女にとって、えっちでイクというのは、本当に想像していた以上の快感だと思う。


女性の場合、第一はキスやクンニなど、男に大切にされているるという、精神的な快感が大きい。
特に、クンニはオナニーでは絶対にできないことだし、クンニでオーガズムを迎えるだけで、想像以上の快感となる。

クンニ自体が初めてだった場合には、そこで得られる快感も、想像を超えていて当然だ。
男の肌のぬくもり、荒い息遣い。誰かに愛されるという精神的満足感は、特に女性のオーガズムにとって大切な要素だ。



第二に、オーガズムそのものの質の違いがある。

女でもオナニーをするし、クリへの刺激でイク、という感覚は知っている。
しかし、バイブでも挿入しない限り、膣でイクことのできる女性は少ない。
女性がえっちで初めてイッた時、 「想像以上の快感」 という印象を持つのは、このクリで得られる快感と膣で得られる快感の違いがある。
膣でイク方が、快感は何倍も深いし、長い。
しかも初めて中イキを体験するわけだから、これまた想像していた以上の快感となるのは当然のことだ。



第三に、自分で得る快感と、人に与えてもらう快感の違いがある。
男の場合もそうだけど、自分でコントロールする快感よりも、人にコントロールされ、相手のタイミングで与えられる快感の方が、何倍も強烈なものだ。
有無を言わさず、相手の男に与えられる快感。
これはオナニーでは絶対に得られないものだ。
しかも、自分でやると、一回イクと止めてしまうことがあっても、えっちの場合、相手がやめないと、連続でイカされる経験までする。

これも初めて経験すれば、想像以上の快感となる。
ましてや、処女だった女性が初めて生身の男にクンニされてオーガズムを迎え、さらにペニスを挿入されて、膣でイクという体験をすると、えっちそのものが想像していた以上の快感ということになる。

それまで、オナニーでイクことは知っていても、えっちでのオーガズムを知ってしまうと、オナニーの回数も増えるし、ペニスを入れられる想像をしながらの、オナニーに変化していく。

えっちの経験はあっても、なかなかイクということがなかった女性が、初めてえっちでイクというの経験すると、 「えっちって、こんなに気持よかったんだ」 と感動するものだ。

「今までのえっちって、何だったの?」 と振り返ると同時に、 「こんな快感を、最初のえっちから味わっている子がいるなんて、羨ましい!」 という感想をもつ。



初体験のえっちでイクことのできた女性は、それがどれだけ素晴らしいことなのか、これで分かるというものだ。



あたるのブログが良かった時は
ランキングバナーを
応援クリックしてね(#^.^#)

FC2ブログランキング


人気ブログランキング





この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://atarukunset.blog.fc2.com/tb.php/76-b0c1876e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。