FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女性のオーガズムについて考える 

男であれば教えられなくても、
女性がいなくても、
えっちなことを想像しただけで、
おちんちんは勃起をするし、
それを擦っていると射精をする。
男なら誰でも性の快感を味わうことが出来る。


しかし、女性の場合、必ずしも男のようにはいかない。
簡単にオーガズムを味わえるというものではない。
もちろん、中には少女時代にクリトリスの快感を覚え、
オナニーでイケるようになり、
えっちするようになって、すぐにオーガズムを味わえる女性もいる。


しかし、女性の中には気持ちよさはあるんだけど、
「イク」 というのがどうも分からない、
つまりオーガズムに達したことがないという悩みをもった人が意外と多いようだ。


私も 「イッてみたい」

「失神するほとの深いオーガズムを体験してみたい」 と思うのは、

生身の人間としては当然のことだ。



全ての男が、あの射精の「快感」を味わっているというのに、
女性の場合は限られた人しかオーガズムを味わっていないというのはなんという不公平だろうか。


イッたことのない女性がよくいう台詞に 「私、イキかたがわからないの」というのがある。

オナニーは別ものすると、女性のオーガズムは相手に 「イカされる」 ものだと思う。
イクためになにも努力する必要はない。

えっちのうまい人に抱かれれば、
すぐにでも味わうことのできるものなのだ。


ところでなかなかイケない女性は、ある段階で諦めてしまうようだ。
オーガズムを求めて男漁りしたところで、
えっちスのうまい男に巡り会えるとは限らないし、
そこまでして味わいたくもないというプライドもある。


ある程度の年齢になってもイケない女性のなかには、
イクのが怖いという心理もあるようだ。


若い時にイクということを経験すると、
「イクって、こんなに気持いいもんなんだ」 とは思うが、


何度も経験していくと、オーガズムを味わえればその方がいいが、
別になくても生きてはいけるといった感じだ。


ところが年齢を重ねていくと、ある程度の知識も増えるので、
オーガズムに対する期待が大きく膨らむだけに、
その怖さも同時に膨らみ、ますます壁が大きくなってしまうようだ。


しかし、女性が得たオーガズムは男の射精よりは、
女性の快感の方が遙かに深いし、
快感が続く時間も長く、しかも何回も連続してイケる。



それを思うと、男は女性は羨ましいと思ってしまう。
また、そういうことを聞かされてた女性はオーガズムって?

イクってどんな感じ?

自分もオーガズムを経験したい。

自分もイキたい。

となってしまうようだ。



女性に生まれたからには、女としての悦びを自分も感じたい。
と考える。


そう考えるとオーガズムって、やはり神秘的で秘密めいたものだ。


たった数秒のことだけど、それがあるかないかで、
男と女の関係が、そして共に過ごす一日が、
ひいては一生が違ってくることもまた確かだ。


例えて言うと、オーガズムって料理のスパイスみたいなものかな。

なくても料理は楽しめるが、
あると美味しさは際立ち、
味を知ってしまうと必ず使ってしまいたくなるものだ。

 
スパイスは少量だからいい。
料理の半分もスパイスがかかっていては、料理も台無しだ。

こう考えると、オーガズムもたった数秒のことだからこそいいのかな。

長い人生にとって貴重で、
かけがえのないものとなるのかもしれない。
 


でも、一度はオーガズム・・ 経験したいよね?

だけど、一度、経験しちゃうと、
やめられなくなるかも知れないけど・・・(*^o^*)




あたるのブログを頷きながら読んでくれたひとは
ランキングバナーを
応援クリックしてね(#^.^#)

FC2ブログランキング


人気ブログランキング




この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://atarukunset.blog.fc2.com/tb.php/49-aff77f30

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。