FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

顔面騎乗クンニ 

クンニをされたことのある女性はたくさんいるだろうけど、

顔面騎乗でクンニされたことのある女性は少ないんじゃないかな?



Sっ気の強い女性なら積極的にするのかもしれないけど、

ごく普通の女性ではあまりないんじゃないかな?と思う。



大体、男の顔面にまたがって、お尻を見せるというのが、凄く恥ずかしくて出来ないだろう。

でも実際にやってみると、興奮の絶頂になって、病みつきになるはずだから一度試して見て欲しい。



女性は恥ずかしくて、そぉ~っと男性の顔にまたがる。

その恥ずかしさが、また快感になるはずだ。



男もその恥ずかしそうにまたがる姿と、

目の前に近づいてくるお○こに興奮するのだ。



女性にとって、やはり、男の顔の上に自分のおま○こを乗せるのは抵抗がある。

恥ずかしさ倍増で・・

だけど興味津々だよね?



顔面騎乗は女性が上で男が下であるにもかかわらず、

女性が男を責めるというよりも、男が女性を責めているかのようだ。



もっと責めたい場合は、できるだけ女性の羞恥心をあおるような事をしてみる。



顔面騎乗クンニを初めてやる女性は、

顔の上にはまたがっても、腰を降ろそうとはしないものだ。



男の口から数センチのところで止まっている。

下から舌を伸ばしてもとどかない。



こんな時は、女性の腰に両手をそえて、強引に引き下げる。



しかし、舌先がおま○こに触れた途端、もう離れることはない。



その快感で、腰を上げることが出来なくなってしまうようだ。



そこで「すごい、濡れてるよ」とか

「○○のおま○こ、美味しいよ」とか言葉で責めるのもいい。



「腰を前後に振ってみて」とか「腰をグルグル回してみて」と言うと、

最初は恥ずかしがっているけど、未体験の快感に積極的に振ってくるようになるものだ。



どんな風にすればいいかと言うと、

女性は、自分のクリまたは膣口を男性の口元に持っていって、腰を動かしてみる。



自分がオナニーするとして、お○こを男性の口元にくっつけていって欲しい。


腰は、前後、左右、上下、そして回転と、

好きなように顔の上で動き回ればいい。



愛液が垂れてきたところで、

まるで愛液を顔中に塗ってもらうかのように、

左右のほっぺた、そしておでこから顎まで、動き回ってもらうのが好きだ。

どうしてかと言うと、自分の意思で気持ちよくなりたいという動きを女性がしてるのを見ると、また興奮してしまうからだ。

女性のオナニーを見てるだけでも興奮しちゃうのに、オナニーの道具が自分の口だったら、興奮せずにいられないよね。

だから、自分が気持ちよくなりたいように、男性の顔を使ってくれればいい。


僕の場合、顔面騎乗のクンニをしていても両手が空いているので、下から両手を伸ばし、両方の乳首をつまみながらのクンニもしたい。

女性は身体を起こしたままなので、乳首もいい感じで前に突き出ている。

クンニで感じてくれてるかを乳首の固さで確認しながらクンニするのだ。



指を全部開いて、4本の指をバイバイするようにして乳首の先を往復何度もプルンプルンさせる。

もちろん両手で。



この、プルンプルンは大抵の女はたえられず、男の上に覆い被さってくる。

それを強引に起こして、また乳首をつまんで責め立てる。

クンニでイッたことがないという女性でも、顔面騎乗のクンニだと、もっと簡単にイキやすくなる。



僕の場合の強制顔面クンニへの持って行き方として


女性は四つん這いになって貰って、後ろから見た格好はすごくイヤラシイ光景になるよね。

後ろ側からお尻の穴をペロペロ舐めたあと、少し見えている割れ目を縦に沿って舐める。

少しヌルヌルしてきたら、顔を上に向けて(おま○こを見るようにして)おま○こに吸い付く。

そのあと、女性の上体を起こしてあげると強制顔面騎乗クンニの出来上がり。


自分自身が男の顔に跨っているというのが恥ずかしさもあり、イヤラシさもあって、それだけで「あん、あん」興奮するものだ。

愛液がそのまま垂れてくるのは男としても興奮するし、お互いに興奮する体位であることは間違いないので、一度は経験して欲しいものだ。

逃げることは出来るはずなのに、動かないのはやっぱり・・顔面騎乗クンニして欲しいからだろうね(^O^)v



あたるのブログが良かった時は
ランキングバナーの
応援クリックしてね(#^.^#)

FC2ブログランキング


人気ブログランキング



この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://atarukunset.blog.fc2.com/tb.php/30-18809f11

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。